フォト

最近のトラックバック

ブログパーツリスト

無料ブログはココログ

« 新しいアウトレットモール | トップページ | 友達 »

英語

愛知県の郊外の町。外語大の関係者と思われる人たち以外、外国人の姿を見かけることはありませんでした。
それが万博のお陰で一転、誰もが驚くほど各国の人たちを見かけるようになりました。
私の働く店に来るお客さんもこれまでのように日本語を片言でも話せる人ばかりではなくなり、困ることもしばしば。
ほとんど英語なのでおっしゃってることは分かるけれど(お店で聞かれることって大体決まっていますから)、上手く答えられません。
そして悔しいことに、あとになって冷静に考えれば中学で習った言葉だけでも伝えられることが分かるのです。
それに遠い昔、洋書担当だった頃に覚えた言葉だって思い出せそうです。
ペラペラになれるわけじゃなくても、知っている言葉くらい臆せず話すことが出来るようになりたい...。

そこで目についたのが「チャレンジNHK英語講座2005」という雑誌です。
四月から始まるNHK英語講座の宣伝と英語力を判定する簡単なテストのついたもので、リスニングと解説用のCD付きで\500でした。
さっそく制限時間を計ってテスト開始。
もちろん「基礎編」です。
学生の頃苦手だったリスニング、初めの方は難なく出来て「海外ドラマのお陰かな」と思っていたのですが、後半はちょっと当てずっぽ。
文法を過ぎて二つある読解問題ではページ半分程度しかないのに「こんなに読むのって10年ぶり!!」と泣きながら解きました(ネットで読む時は飛ばし読みだし、翻訳システムもあるし...)。
webで採点すると登録した人たちとの比較が出来ます。
結果は...ジャスト平均点でした。
ホッとしましたが、一点でも落ちれば平均以下と言うことです。
う~ん。
気を取り直して応用編のリスニングを興味半分で聴いてみたら、これがまた見事に分からない!(笑)
またも勘で解答してみたところ、10問中6問まぐれ当たり。
でもストーリーは理解出来ていなくて、聞き取れた単語がたまたま設問に出ただけだと言うことがはっきりしました。
『基礎英語』を聴いて下さい、と言う判定結果でなかったのは良かったですが、やっぱり相当訓練が必要な様子です。

« 新しいアウトレットモール | トップページ | 友達 »

ある日のひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しいアウトレットモール | トップページ | 友達 »