フォト

最近のトラックバック

ブログパーツリスト

無料ブログはココログ

« ごめんなさい... | トップページ | メリー クリスマス »

昔のことですが...

電車に乗り遅れた人が服を挟まれて引きずられた
というニュースを読みました。
私、この逆のパターンならあるのです。
電車に友人と二人で乗っていて、とある駅に停車してしばらく後、友人が「ここだ!」といきなり閉まりかけたドアから飛び下りたのです!
私はびっくりして思わずドアに手をかけ、そのままドアが閉まっちゃった...。電車は動きだし、ホームの友達とは離れて行き、私の手は挟まれたまま。
我に返って手を抜こうとしたけれど、あのゴムのようなものが意外に強くてどうにも抜けません。
そのうち気付いた周りの男性たちが4,5人掛かりでゴムの間に手を入れて思いっきり引っ張って下さったので、何とか逃れることが出来たのでした。
あの時の皆さん、ありがとうございます。
十数年前のことですが、今でもやっぱり2センチ以下のものは挟まれても感知されない様子ですね。
しかも私の場合は走り出してから皆であんなに引っ張ったのに何事もなく次の駅に着きました(次の駅まで、窓から逃げ出したいほど恥ずかしかった)。
と言うわけで皆さん、電車のドアは大半の人が思う以上に危険で鈍感ですから、ドア付近で無理をしたりぼーっとしたりするのは避けましょう。
時間がなかったりする時は、私のように恥ずかしい思いをしてもいいのか考えて下さいね。
...って、そんなドジは私しかしないでしょうが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041218-00000055-mai-soci

« ごめんなさい... | トップページ | メリー クリスマス »

ある日のひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ごめんなさい... | トップページ | メリー クリスマス »